mobile_title.png

yamanobe_mobile.png

 水、緑、そしてここに住む人、日本の風景はこのようにして形作られてきました。深緑と田園、そして美しい棚田がここにあります。逍遥すれば懐かしき山河や家並みに古里の思い出がよみがえります。「山の辺の道」は奈良盆地を縫うように走る大和古道のひとつです。東南にある三輪山の麓から東北部の若草山に並ぶ春日山の麓にまで至っています。その名称は崇神天皇が「御陵は山辺の道のまがりの岡の上にあり」と詠んだ「古事記」に由来し、弥生時代後期の布留遺跡と纏向遺跡を結ぶ日本最古の道です。山の辺の道地域のニュースや催しを紹介します。

ENTER