image_05.jpg
spacer_w16_h16.gif

大和路の歴史を物語る数々の史跡
 山の辺の道は、東海自然歩道の山の辺の道コースとして宇陀郡曽爾(そに)村、宇陀市、桜井市、天理市、奈良市へと走るルートの一部を成しています。東海自然歩道は、昭和44年(1969)から49年(1974)に整備され、東京都八王子市の「明治の森高尾国定公園」から大阪府箕面市の「明治の森箕面国定公園」までの11都府県の90市町村を横断し、1697キロメートルの長距離に至っています。
 山の辺の道は、三輪山麓の桜井市金屋の海石榴市(つばいち)観音堂に続く観音通を起点として、天理市の石上(いそのかみ)神宮を経て春日山麓までうねうねと走っています。棚田や集落、歴史ある寺社、花々が咲く間道、樹陰の石畳の道、そして水稲、柿、栗、みかんなどの田畑が、この道の起伏のある風景を形作っています。

石上神宮
内山永久寺跡
大和神社
西山塚古墳
長岳寺
伝崇神天皇陵

黒塚古墳
櫛山古墳
天神山古墳
西殿塚古墳・衾田陵
伝景行天皇陵
箸墓古墳

檜原神社
夜都伎神社
三輪山
大神神社
竹之内環濠集落
萱生環濠集落

yamanobenomichi.png
携帯用「やまのべのみち」もご利用下さい。
yamanobenomichi.jp/mobile/

交通
 天理市、桜井市を横断する山の辺の道へは、以下の交通機関が利用できます。それぞれのコースに合わせて、JR桜井線(万葉まほろば線)、近鉄大阪線桜井駅の各駅から、山の辺の道に至ります。詳しくは、「やまのべのみちガイドマップ」を参照ください。

railway.png

1)JR天理駅下車
 石上(いそのかみ)神宮に至る。天理駅からレンタサイクルの利用も可。

2)JR長柄駅下車
 大和神社、黒塚古墳、伊射奈岐(いざなぎ)神社に至る。

3)JR柳本駅下車
 伝崇神天皇陵に至る。

4)JR巻向駅下車
 景行天皇陵、巻向遺跡に至る。

5)JR三輪駅下車
 大神(おおみわ)神社、桧原神社に至る。

6)JR桜井駅・近鉄大阪線桜井駅下車
 金屋の石仏、海石榴市(つばいち)観音堂に至る。

image_04.jpg